さらつま日記

サラリーマン妻日記。日々のこと、子育てのこと、考えたことを書いてます。

むしホテルへようこそ。春の森遊び色々。

本日の娘たちの力作。 木の枝と花、葉っぱ、草を集めて作った「むしホテル」。読んで字のごとく、虫たちのためのホテル。ゲストの虫をよぶまでもなく既にかなりの数が入り込んでると思うけれど・・・ ホテル全体像。 看板(hotel for bugs)の後ろは葉っぱのベ…

子供の夢

昼食時、子供たちが話してるのを聞いていたときのこと。 長女:「〜ちゃん、大きくなったら何になる?」 次女:「あのねぇ、ごはんやさん」 長女:「〜はね、どうぶつのおいしゃさん」 次女:「おもちゃをなおす人!」 長女:「あ!サンタクロースのお手伝い…

その名もSushi cupcake

ありえないレシピ本発見。 その名もsushi cupcake。やけに幅広の海苔の黒い部分はチョコレート生地のようです。 このカップケーキそのものも論外だけど、いちごをかぶったキティちゃんを箸でつまむという演出も理解に苦しむ。 むしろcuisine Kawai(かわいい…

「はらぺこあおむし」にはそもそも腹痛の場面は想定されていなかった件

日本でもおなじみの絵本「はらぺこあおむし」の作者のインタビューがフランスの雑誌に掲載されたという記事を発見したので読んでみたらすごくおもしろかった。 原文はこちら(英語)。この記事を書いたときに読んでいた記事が削除されてしまったようです。な…

fontainebleauの森にも春がきた

今日はイースターマンデーということで、学校はお休み。なぜイースターの翌日の月曜が休日になるのかは不明ですが、なにはともあれお天気もよかったので公園へ。 日差しはまぶしいものの、風はまだ冷たかったです。 だけど、だんだん森の草の緑が濃くなって…

子守り歌の記憶:「ね〜ん、ね〜ん、ね〜ん、って声が聞こえるの」

怖い夢を見て目がさめたという長女が朝の4時過ぎに起きて言ったこと。 「怖い夢をね、頭から出したいのに、出そうとしても出ないの。」 それで少し話をして、もう少し寝るように言われた長女の次の一言で今度は私の目がさめました。 「寝ようとするとね、ね…

トウモロコシの粉からできた工作スポンジが楽しかった件

先日、友人の子を数時間預かることになり、家の中でかくれんぼされるのを防ぐために何か新しいおもちゃを購入しとこうと考え近所の店を物色しました(彼は手強いのです。暇させたら家が大変なことになります。)。 すると、楽しそうなもの発見。 トウモロコ…

人々が心に秘める、とっておきの物語を世界と共有できるアプリがすごい

最近、自分の物語を人々と共有することを目的としたサイトをちょこちょこ見掛ける。 STORYS.JP(ストーリーズ)storys.jp Narratively | Human stories, boldly told.narrative.ly 要は、有名人でなくても作家でなくても、みんなそれぞれの人生の中にそれぞ…

子供の絵を褒めるときの余計な一言

娘(4歳):「ママ、見て〜!これ描いたの。すごいでしょ。」 私:「・・・うわ〜!すごいじゃん。で、これなに?」 お気づきでしょうか。この矛盾を含んだコメントに。 上手だって言ってんのに何の絵なのかわからないってのはおかしいのです。いつもわかっ…

ネット上の発言へのコメントで傷ついたことのある人へ〜こういうコメントはクソ、というコメントの特徴を挙げてみた〜

ネット上の発言に対して返ってくるこういうコメントはスルーしてかまわない(傷つく必要ゼロ)、だってそれはクソだから。というコメントの特徴いくつかを挙げてみました。 ①相手の名前をきちんと呼ばないもの。 例(呼び捨て、バカ呼ばわり、おまえ、貴様。…

「バベルの塔」はいくらでもあるというダブルスタンダードについて

この記事を読んで思うところがあったので一言。 原発事故は「バベルの塔」 ローマ法王が警鐘 先日、ローマを訪れたときに法王の写真やらマグネットやらがジャニーズの商品ばりにお土産屋さんに並んでいるのを見て驚愕した。 法王の人柄と、信念を貫く行動及…

子供がくれるものには

学校からの帰り道、「あ!!桜!!」 4歳になる下の娘が桜の花のついた小枝を拾った。 誰かが手折ったあとに捨てたものだろう。 とんでって拾い上げる。 「きれ〜・・・」 しばらく嬉しそうに眺めたあとはお決まりの台詞。 「ママのためだよ」 と言って渡し…

3分で子供に日食を説明してみた

明日はここフランスでも日食が見られるとのこと。 長女の学校ではクラスに一つ専用眼鏡があるらしいけど、大半の時間はネットで生中継される日食をみんなで観察するらしい。次女の学校は、子供たちが太陽を直接見てしまって目を痛めることを危惧して午前中の…

羊の群れを率いていたのは羊だった件

羊は温厚かつ従順な性格の代名詞のような動物で、羊の群れの中にヤギを一匹いれておくと好奇心が強く羊よりも活発なヤギが群れのリーダーになるという話を聞いたことがある。牧羊犬という犬もいるくらいだし、ヤギにだって普通についてくんだろう。 このとき…

イタリアでスーツケース諸々盗難にあって考えたこと。

先日、イタリア旅行に行ってきました。ミラノ、フィレンツェ、ローマを1週間ばかりかけてめぐる楽しい旅になる予定でした。ところが、三日目の朝、ほんの2〜30分車を離れたそのすきにカーナビ、スーツケース、PC、iPadと、すべて盗まれてしまいました。…

今年は

今年は「読書の年」にしようと思い、ジャンルを月ごとに決めて読むことにしました。 今月はなんとなく歴史月間ということで今は池上彰さんの本をいくつか読んでます。 本、すごいタイトルだなって思ったけど、まさにこのままの台詞を何度つぶやいたことか・…

私が一番最初に出会ったムスリムの女性について

妊娠中、ボランティアでバングラディシュ出身の女性の日本語学習を手伝っていたことがある。彼女のご主人もまたバングラディシュの方で、日本の大学の研究室で勉強されていた。そして4歳になるお子さんは日本の保育園に通っていた。彼女自身は英語が堪能だ…

2014年の年末に覚えた新しい言葉と2015年の抱負について

去年使ってたメモ帳を読み返してたら、ボランティアで勉強見てた小学生の算数の試験に「この数が3倍、6倍、9倍になると、次の数はどうなりますか」って設問があって、その子が「おおきくなる」って書いたらバツされたって内容が書いてあった。そういえば…

運送会社UPSのドライバーと少年の心温まる動画を見て思い出した絵本がある

少し前のことだけどこんなニュースを読んだ。 「配達員さん大好き」な4才の少年 → 配達ルートが変更され配達員さんと会えなくなる → 2人の友情のために配送会社が少年に素敵なプレゼント! | ロケットニュース24 英語版はこちら <a href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/" data-mce-href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/">Company …</a>

「大丈夫ですか」って言われて「大丈夫じゃないです」って答えられる人はどれくらいいるのか

自慢じゃないけど、私は今までに何度も足をぐねったことがある。そして先週、またやってしまった。 中学生のときに部活をさぼってそそくさと家路に向かう途中、道路で急に出てきた車をよけようとして足をぐねったことが最初だった。はずみで転倒し、近所のパ…

5歳児の疑問

今は6歳になった娘が5歳だった頃に聞いてきた質問 1・あさりはどこからきたの?(潮干狩りに行った翌日あたりに出た質問)2・昔の人はどうやって水を飲んでたの?3・一番先にできた国はどこ?4・唇はなんのため?5・人はなんのため?6・手を洗ったりす…

日本の行列の効率と秩序のよさを称える記事(+映像)とそれに対する海外の人々の反応について

こんな記事を読んだ VIDEO: Japan is so much better than Americans at shopping lines VIDEO: Japan is so much better than Americans at shopping lines - Vox 「日本は買い物の行列においてアメリカ人よりかなりうまくやってる」←う~ん、変な日本語訳…

文学は国境を越える

先日の娘のクラスの食事会でのこと。隣に座ったご夫婦、イタリア人の奥さんとフランス人の旦那さんと話をしていたら、たまたまスーパーの店員の話になった。とにかくここフランスのレジの店員さんはどんなに行列ができてようが、かけたいだけ時間をかけてる…

五感を刺激しつつ言語を学ぶという試み

クレープ作り、兼フランス語の勉強。 脳により多くの刺激を与えるために、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚、フルに使って教えてもらった。これの何がいいのかというと、やはり「子供がやってて退屈しない、楽しい」というのが一番なんだと思う。 にも関わらず…

半年以上前に利用申請してたサイト、センセイノートから今頃「厳正な審査の結果」が届いてモヤっとした件

最近、新聞やメディアでも取り上げられて利用者数がうなぎのぼりだというセンセイノート。 SENSEI NOTE - 全国の先生がつながる 半年以上前、元教員の知人からこんなのあるよ〜と教えてもらって確か利用申請をした。私も一応元教員だし、教育に関わる仕事が…

海外(フランス)で歯が痛くなって、試行錯誤した件について。

ここ数日、歯の痛みに苦しんでます。 8月に日本で検診してもらって「虫歯も見当たらないので大丈夫ですよ〜」って言われてたのに、なんでこのタイミングで痛くなる・・・ 数日バファリン飲んでしのいでみたけど、効かなくなってきたので受診を決意。言葉の…

スキップ歩きのススメ

長女が来週から通う学校はフランスの公立学校だけど、いくつかの教科は英語でするといういわゆる部分イマージョン教育に該当するものをやってるところ。フランス語を話すフランス人の子供が英語を習得するにはいいバランスかもしれないけど、うちの子には厳…

「全席喫煙可」の飲食店はその旨を入り口にしっかり明示してほしいと本気で思った件

今日はひさびさに旦那とお昼ごはんを外で食べた。何食べようとあたりのお店を見ていたら、よさそうなお寿司やさんを発見。「じゃぁ今日はここにしよう」ってなことで入ってみた。 内装は小綺麗でなかなかいい感じ。とりあえずお寿司と天ぷらのセットを頼んだ…

「字を書くこと」にまつわる話し

癖字をなんとかしたいと思い、週に一度書き方を習いに行き始めました。 「やっぱり、字はきれいなほうがいいかも」と、次女が幼稚園の教育実習生からもらってきた手紙を読んで痛感。文面のお粗末さは仕方ないとしても、それより気になったのが雑な字。上手な…

子供の素朴な疑問について

先日、夫の実家へ帰省したときのこと。夫の両親と夫と私と娘達でタクシーに乗っていたとき、その出来事は起きた。 みんなでタクシーに乗り込んで間もなく、下の娘(4歳)がおもむろにこんなことを義父に訪ねた。 「なんで、タクシーの人、髪の毛ないの?」 …