読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらつま日記

サラリーマン妻日記。日々のこと、子育てのこと、考えたことを書いてます。

地球の裏側まで

最近、娘二人がせっせと庭で土いじりをしていることが多いです。 ふと見ると、でっかい穴を掘ってました。 (かつカルピスウォーターの空きペットボトルを使って水を流し入れてました。使った後の放置のされ方がひどい。) なにこれ? 長女「○○ちゃん(次女…

うちにサンタが来た理由

今朝、次女6才がこんなこと言ってた。 次女:「前(去年)、どうしてサンタさん来たと思う?」 私:「どうして?」 次女:「鍵開けといたからだよ。玄関じゃないよ、ベランダ!」 そういえば、去年のクリスマスに言ってた。夜にトイレ行こうと思って起きた…

昨日の出来事について何も考えずに文章にしてったらこんな風になった

今日は思いつくままに綴るので、話題あっち行ったりこっち行ったりします。悪しからず。 先日、国営昭和記念公園に行ってきた。前回、車で二時間近くかけて行ったら、ついて速攻で閉園のアナウンスが流れ始めてがっかりして帰った日のリベンジだ。 www.showa…

誰かを助けたいと思う気持ちと行動の矛盾について考えた結果、こうすることにした。

子供を連れて家に帰る途中、バスから降りると駅前で「国境なき医師団」のブースが目に入った。 あ〜、寄付だな、って思って通りすぎようとしたら、スタッフの人に「これ、どうぞ、見てみてください!」って差し出された小さい紙パックのようなものが目に止ま…

PPAPを見た我が家の子供の素直な反応をまとめてみた

先週、PPAPを見たことのないはずのうちの娘たち(6歳、8歳)が部屋でプップップップ、アッポーペーン、って言い合って笑ってるのが聞こえた。 クラスのこどもたちが歌ってるのを聞いて覚えてきたようだ。 今朝、「アッポーペン見るー?」 って二階の子供部…

「みかんの面白いむき方」が本当に面白かった件

今日は、「感想文庫」なるものを見てきました。 ebisufan.com 本はすべて寄贈本。寄贈した人はその本の感想を書いて、その本を読んだ別の人がまた感想を書くという仕組み。自分の本棚っていろんな意味で偏ってるから、こういうところで見つける本は新しい発…

「それが大事」?

美容院で渡された雑誌(very)を読んで驚愕した。 幼稚園行事の芋掘りに行く時のメイクアドバイス特集。片道バスで1時間バージョンやら2時間バージョンに加えてコンサバ系園とリベラル系園のメイクや服装の違いまで網羅。「〜の場合は自然光を意識して〜タイ…

そんな馬鹿な、サマーカットの夏2016

今夏の苦い思い出について 8月の帰省中のこと。我が家の犬、ダックスのスイレン、爪がかなり伸びてたのでトリミングに連れてこうと何件か電話かけたけど、どこもいっぱい。近所のペットショップ、◯ッキーに電話かけたらその日のうちにオッケーとのこと。ま…

動揺した場面で落ち着く方法

今日の昼、地震があった。短いしそんなに大きくはなかったけど、地鳴りみたいな音が一瞬して、ガタガタっと揺れたかと思うと終わってた、みたいな感じ。 でも、怖かった。 家にいたのは私、次女7歳、犬。 一番最初に反応して大騒ぎし始めたのは犬。 固まる…

人生における面白いことって?畳のトイレから考えてみた。

旦那と晩御飯食べながら話したこと。 私:「日本はすごく楽だけど、やっぱり何かと刺激は海外の方があるよね。もっと日常の中に面白いことを見出す工夫をしなきゃいけないのかな」 旦那:「あなたにとって面白いことってどんなことなの」 私:「最近一番”お…

蕁麻疹とストレスとFB

ここ数週間、やけに蕁麻疹がひどく夕方から深夜にかけてかゆみに悩まされてました。 かつて長女に授乳していた時期もひどい蕁麻疹が出たことがあったので、そのときは皮膚科に行って相談しました。蕁麻疹には塗り薬というのはほとんど効かないので、かといっ…

ネット上の発言へのコメントで傷ついたことのある人へ〜こういうコメントはクソ、というコメントの特徴を挙げてみた〜

ネット上の発言に対して返ってくるこういうコメントはスルーしてかまわない(傷つく必要ゼロ)、だってそれはクソだから。というコメントの特徴いくつかを挙げてみました。 ①相手の名前をきちんと呼ばないもの。 例(呼び捨て、バカ呼ばわり、おまえ、貴様。…

「バベルの塔」はいくらでもあるというダブルスタンダードについて

この記事を読んで思うところがあったので一言。 原発事故は「バベルの塔」 ローマ法王が警鐘 先日、ローマを訪れたときに法王の写真やらマグネットやらがジャニーズの商品ばりにお土産屋さんに並んでいるのを見て驚愕した。 法王の人柄と、信念を貫く行動及…

今年は

今年は「読書の年」にしようと思い、ジャンルを月ごとに決めて読むことにしました。 今月はなんとなく歴史月間ということで今は池上彰さんの本をいくつか読んでます。 本、すごいタイトルだなって思ったけど、まさにこのままの台詞を何度つぶやいたことか・…

私が一番最初に出会ったムスリムの女性について

妊娠中、ボランティアでバングラディシュ出身の女性の日本語学習を手伝っていたことがある。彼女のご主人もまたバングラディシュの方で、日本の大学の研究室で勉強されていた。そして4歳になるお子さんは日本の保育園に通っていた。彼女自身は英語が堪能だ…

運送会社UPSのドライバーと少年の心温まる動画を見て思い出した絵本がある

少し前のことだけどこんなニュースを読んだ。 「配達員さん大好き」な4才の少年 → 配達ルートが変更され配達員さんと会えなくなる → 2人の友情のために配送会社が少年に素敵なプレゼント! | ロケットニュース24 英語版はこちら <a href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/" data-mce-href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/">Company …</a>

日本の行列の効率と秩序のよさを称える記事(+映像)とそれに対する海外の人々の反応について

こんな記事を読んだ VIDEO: Japan is so much better than Americans at shopping lines VIDEO: Japan is so much better than Americans at shopping lines - Vox 「日本は買い物の行列においてアメリカ人よりかなりうまくやってる」←う~ん、変な日本語訳…

半年以上前に利用申請してたサイト、センセイノートから今頃「厳正な審査の結果」が届いてモヤっとした件

最近、新聞やメディアでも取り上げられて利用者数がうなぎのぼりだというセンセイノート。 SENSEI NOTE - 全国の先生がつながる 半年以上前、元教員の知人からこんなのあるよ〜と教えてもらって確か利用申請をした。私も一応元教員だし、教育に関わる仕事が…

「全席喫煙可」の飲食店はその旨を入り口にしっかり明示してほしいと本気で思った件

今日はひさびさに旦那とお昼ごはんを外で食べた。何食べようとあたりのお店を見ていたら、よさそうなお寿司やさんを発見。「じゃぁ今日はここにしよう」ってなことで入ってみた。 内装は小綺麗でなかなかいい感じ。とりあえずお寿司と天ぷらのセットを頼んだ…

「字を書くこと」にまつわる話し

癖字をなんとかしたいと思い、週に一度書き方を習いに行き始めました。 「やっぱり、字はきれいなほうがいいかも」と、次女が幼稚園の教育実習生からもらってきた手紙を読んで痛感。文面のお粗末さは仕方ないとしても、それより気になったのが雑な字。上手な…

ギンリョウソウ

G・W、帰省時恒例行事となった城山登山へ子どもたち連れて行ってきた。 昼食を買うために寄ったパン屋さんで、私たちが今から城山に行くことをさとったそこの奥さんから 「城山、今ギンリョウソウが咲いてるんよ。かわいいから探してみて〜」 との情報をもら…

間違い電話

ちょこちょことかかってくる間違い電話。知らない番号は基本的には出ないけれど、相手先の場所が以前住んでたとこだったり今のところからだったりの場合はとりあえずでてみる。とりあえず日本語で「もしもし?」すると相手は一瞬沈黙。そして"hello?"とくる…

「責任とりたくない病」の蔓延がもららす悲劇について。

マレーシアの航空機が突如姿を消してしまってから既に一週間がたとうとしている。日々、マレーシア航空や政府に対しての非難は大きくなっているようだ。 マレーシア航空機不明 捜索で混乱続き、国際的な批判高まる <マレーシア政府の官僚主義> この問題に…

目から鱗、七味の新しい活用法

降り続いた雪も、やっとひと段落しそうな様子。 しなきゃいけないことも、したいことも、書きたいこともたくさんあるのだけど、なんだか動きがにぶい今日このごろ。 この3日間、会社も学校も休み。 毎日が日曜日の私には特に関係ないのだけど、それでもこの…

家事のストレスを減らす些細な工夫(ミートボール編)

私は家事全般が基本的に苦手。というか好きではない。世の中の女性の中には掃除は好きだけど料理は苦手、というような人も多いけれど、私は両方好きじゃない。料理に2時間かけるくらいなら、30分でちゃちゃっと作って、あとの1時間半は新聞に埋もれて面…

結局私たちは見たいものを見て聞きたいことを聞いているという話。

長女が「ばあちゃんの家が大好き」というので理由を聞いてみたら「畳だから」とのこと。なんで畳が好きなのか聞いたら「Goldenだから」と返ってきた。ただ単に日焼けで変色した畳でも、そういう表現だとすごくゴージャスな感じ。母に伝えたら「見ようによっ…

傷を比べるということについて(なぜ人は不幸合戦を繰り広げるのか)

誰でも、自分に何かしらの不幸や不運があると、その運命というものを多かれ少なかれ嘆くものだ。そして、自分でそれを嘆くだけでは物足りなく、ご丁寧に他人のそれと比べて「自分のほうが不幸だ」と思うことで、自分を慰めようとする。でも、実際自分が他人…

鳥のフンは(幸)運なのか、ワールドリサーチ

ふとしたきっかけでおととしの11月頃から始めた調査。鳥にフンを落とされることは幸運なのか、ワールドリサーチ。かれこれ1年前の時点で30カ国(一応ほそぼそと調査継続中)。当時はまだ次女が家にいたから、公園、図書館、教会で出会った人たちを中心に聞…

カメラ

旦那(確か34才)が一眼レフカメラを購入した。どうやらFBなどで他の人がしゃれた写真をとっているのを見て刺激を受けたらしい。カメラが到着した昨日は、既に見慣れたはずの家の細々としたものをしきりに撮影してみたり、普段はそんなにカメラをむけない…

旦那による指摘を受けて

先日、旦那に「私はFBにはその日考えたことなんかを長文でつらつら書いてるんだけど、ほとんどの人は数行だよね。なんでだろ」と話をふったら「あなたのFBの使い方は間違ってるよ。俺はそんな(私のような長文の投稿)絶対読まない。」と言われた。 まぁ、一…