さらつま日記

サラリーマン妻日記。日々のこと、子育てのこと、考えたことを書いてます。

地球の裏側まで

最近、娘二人がせっせと庭で土いじりをしていることが多いです。 ふと見ると、でっかい穴を掘ってました。 (かつカルピスウォーターの空きペットボトルを使って水を流し入れてました。使った後の放置のされ方がひどい。) なにこれ? 長女「○○ちゃん(次女…

アイスクリーム屋での小さな成功体験の話

次女の話す練習がてら、よく近所のアイスクリーム屋さんに行ってるんだけど、最近少しずつ自分で注文できることが増えてきました。 その様子を見ていて気がついたこと。 自分でしっかり伝えられる時と、私が代弁することになる時、どの店員さんが対応するか…

傷跡に関する余計なお世話について

先日、健康診断で近所のクリニックへ行ってきた。 そこでコミュニケーションについて考えさせられる出来事があったので備忘録として。 そこは介護付き住宅に入っているクリニック。 正味、そこの住宅は非常に高価なことで有名で、設備も豪華。 私はその住宅…

場面緘黙。友達からの「なんで話さないの?」に答えるために、クラスの保護者へこんなお手紙を書きました。

我が家の次女には場面緘黙があります。 かんもくネット〜場面緘黙とは〜 場面緘黙のお子さんをお持ちの方なら耳にタコができるほど聞いているであろう言葉の一つに、他のお子さんからの「〜ちゃん、なんで話さないの?お家では話すの?」と言った質問があり…

うちにサンタが来た理由

今朝、次女6才がこんなこと言ってた。 次女:「前(去年)、どうしてサンタさん来たと思う?」 私:「どうして?」 次女:「鍵開けといたからだよ。玄関じゃないよ、ベランダ!」 そういえば、去年のクリスマスに言ってた。夜にトイレ行こうと思って起きた…

「相田みつを美術館」へ行ってきた感想

昨日、旦那と次女と三人で「相田みつを美術館」へ行ってきた。(長女はお友達の誕生パーティーへ)。 = 相田みつを美術館 Mitsuo Aida Museum = なぜ今、相田みつをなのか、特に理由はない。 先日、東京行きたいとこリストを作って、美術館を調べていたら目…

日本航空安全啓発センターに行ってきた感想

先日、日航安全啓発センターに行ってきた。 1985年に起きたJAL123便の御巣鷹墜落事故の教訓とこれからの空の安全運行への誓いを込めた研修施設になっており、日航の社員研修にも組み込まれている。予約制で一般の人の見学も可能。 www.jal.com 以前、山崎豊…

昨日の出来事について何も考えずに文章にしてったらこんな風になった

今日は思いつくままに綴るので、話題あっち行ったりこっち行ったりします。悪しからず。 先日、国営昭和記念公園に行ってきた。前回、車で二時間近くかけて行ったら、ついて速攻で閉園のアナウンスが流れ始めてがっかりして帰った日のリベンジだ。 www.showa…

誰かを助けたいと思う気持ちと行動の矛盾について考えた結果、こうすることにした。

子供を連れて家に帰る途中、バスから降りると駅前で「国境なき医師団」のブースが目に入った。 あ〜、寄付だな、って思って通りすぎようとしたら、スタッフの人に「これ、どうぞ、見てみてください!」って差し出された小さい紙パックのようなものが目に止ま…

トランプ大統領が子供たちにとって害悪な理由の一つを娘の学校で垣間見た。

ひどい結果だ。 悪夢としか考えられない。 jp.wsj.com FBのタイムラインはアメリカ人の友人たちの驚きと嘆きと悲しみで埋め尽くされている。 トランプウォッチャーとしてここ数ヶ月、トランプがらみのニュースはいろいろと目を通してきた。どこかで彼の暴君…

子供が病院で処置を受ける時、親は外に出されるって普通?海外の人に聞いてみた。

先日、久しぶりにダスティン・ホフマン主演の映画、「クレイマー、クレイマー」を見た。高校生のときに初めて見たけど、今になってみると一味も二味も違って見える。こういう映画って何度見ても新しい発見があるところが名作の所以なのかな。 ダスティン・ホ…

PPAPを見た我が家の子供の素直な反応をまとめてみた

先週、PPAPを見たことのないはずのうちの娘たち(6歳、8歳)が部屋でプップップップ、アッポーペーン、って言い合って笑ってるのが聞こえた。 クラスのこどもたちが歌ってるのを聞いて覚えてきたようだ。 今朝、「アッポーペン見るー?」 って二階の子供部…

ナルコレプシーの英語の先生。「レッスン中、私が寝ちゃったら椅子蹴っ飛ばして起こしてね。」

アメリカ滞在中、ほんの短期間だけど語学学校に通った時期があった。 最初に通ったのはDCのベルリッツ。 なぜベルリッツかというと、ただベルリッツ・メソッドに興味があったからと言う単純な理由。ただ、学費はべらぼうに高い。旦那の会社からのありがたい…

フランスのお子様メニューが斬新だった件

日本のお子様ランチといえば、私のイメージの中ではハンバーグ、唐揚げ、エビフライにタコさんウインナー、旗が刺さったチキンライス。デザートにはプリンかゼリー。これが定番。あと、うどんやカレーバージョンもよくある。 写真は、九州の実家の近くに沢山…

小学生の漢字学習ストラテジー諸々

我が家の長女。ただいま小2。 毎日の宿題で一番時間がかかるのが漢字。 辞書片手に取り組むのはいいけど、意味のわからない言葉も独自の解釈でスルーしてちゃんと調べないのが痛い。 例えばこちらの「多」を使った文。 学校の帰りにどんなおじさんに会った…

「みかんの面白いむき方」が本当に面白かった件

今日は、「感想文庫」なるものを見てきました。 ebisufan.com 本はすべて寄贈本。寄贈した人はその本の感想を書いて、その本を読んだ別の人がまた感想を書くという仕組み。自分の本棚っていろんな意味で偏ってるから、こういうところで見つける本は新しい発…

「それが大事」?

美容院で渡された雑誌(very)を読んで驚愕した。 幼稚園行事の芋掘りに行く時のメイクアドバイス特集。片道バスで1時間バージョンやら2時間バージョンに加えてコンサバ系園とリベラル系園のメイクや服装の違いまで網羅。「〜の場合は自然光を意識して〜タイ…

運動会つれづれ

今日は次女の幼稚園の運動会だった。 秋は何かと学校のイベントが多い。 非常勤の仕事を細々と始めてから、学校イベントと仕事がかぶらないことだけを願ってきた。 今月の仕事のシフトをもらった段階で土曜の運動会のことを告げてお休みをもらい、さすがに土…

過般化について

我が家の次女6歳、ずいぶん前にアマゾンビデオで「まんが日本昔話」をひとしきり見ていた時期があった。 怖おもしろかったようだ。 ある日見ていたのは「三枚のお札」。 nihon.syoukoukai.com やんちゃな小僧が和尚さんのことばに耳を貸さず、山へ栗ひろい…

世界の見え方

昔の写真を見つけて笑った。 DCの議会図書館の前の階段でかくれんぼをする娘たち(写真は次女)。 ↓ 退屈しのぎに始めたはいいけど、なんせここには隠れる場所がなかった。 この写真の次女は鬼役で数を数えているのではなく、自身が隠れているつもり。 自分…

やさしさとおもいやり

今日は長女の学校へ読み聞かせに行った。 選んだ本は、「やさしさとおもいやり」。 去年、崩壊気味だった長女のクラスにちょうどいいかなと。 学校側も事態を重く見たのか、今年の重点目標に「思いやりのある子を育てる」というのをあげているくらいだ。 た…

そんな馬鹿な、サマーカットの夏2016

今夏の苦い思い出について 8月の帰省中のこと。我が家の犬、ダックスのスイレン、爪がかなり伸びてたのでトリミングに連れてこうと何件か電話かけたけど、どこもいっぱい。近所のペットショップ、◯ッキーに電話かけたらその日のうちにオッケーとのこと。ま…

動揺した場面で落ち着く方法

今日の昼、地震があった。短いしそんなに大きくはなかったけど、地鳴りみたいな音が一瞬して、ガタガタっと揺れたかと思うと終わってた、みたいな感じ。 でも、怖かった。 家にいたのは私、次女7歳、犬。 一番最初に反応して大騒ぎし始めたのは犬。 固まる…

人生における面白いことって?畳のトイレから考えてみた。

旦那と晩御飯食べながら話したこと。 私:「日本はすごく楽だけど、やっぱり何かと刺激は海外の方があるよね。もっと日常の中に面白いことを見出す工夫をしなきゃいけないのかな」 旦那:「あなたにとって面白いことってどんなことなの」 私:「最近一番”お…

プロヴァン中世祭りへ行ってきた

フランスはプロヴァンの中世祭りへ行ってきました。 午後早めに出かける予定が夕方にずれこんだ理由は、レンタカーを朝の8時半で予約していた夫がレンタカー屋さんに行ったところ「だれもいなかった」と帰ってきたところから。午前中の授業に出てお昼もう一…

地平線と夕焼け

最近はすっかり日が長くなって嬉しいです。 昨日は久々にちょっとばかし遠出をした帰り道、久しぶりに夕焼けを眺めました。 最近の日没は夜の9時過ぎくらいなので、いつも子供たちは日が沈む前に就寝しているからか夕焼けを眺める機会も減ってました(私も…

子供に覚えさせておきたい、からかわれた時にとる5つの行動

最近、学校で長女が年上の子に数回にわたってからかわれるということがあったことを受けて、デバグポスター(写真)を作ってみました。 このポスターを最初に見たのは、アメリカの小学校をボランティアで訪れたときでした。これはアメリカでは特別支援学校を…

蕁麻疹とストレスとFB

ここ数週間、やけに蕁麻疹がひどく夕方から深夜にかけてかゆみに悩まされてました。 かつて長女に授乳していた時期もひどい蕁麻疹が出たことがあったので、そのときは皮膚科に行って相談しました。蕁麻疹には塗り薬というのはほとんど効かないので、かといっ…

ゆかいなフランスの写真を集めてみた

青信号はスキップで。 パリの赤信号は仁王立ちで待とう。 手書き感あふれる字体が楽しい。 傾き具合はもう少しなんとかならなかったのか。 思わず「こんにちは!」って大きな声で言いながら店に入りたくなりました。 寿司にだって複数形はある。 パリのラー…

ベルギーはイーペルのネコ祭りに行ってきた

3年に一度開催されるベルギーのイーペルという町で行われたネコ祭りを見てきました。 Welcome! | Kattenstoet Ieper ←祭りのHP 祭りの目玉は3時間近くに渡るパレードと、その後のネコ投げ(世界遺産にも登録されている鐘楼からネコのぬいぐるみを投げて人…

むしホテルへようこそ。春の森遊び色々。

本日の娘たちの力作。 木の枝と花、葉っぱ、草を集めて作った「むしホテル」。読んで字のごとく、虫たちのためのホテル。ゲストの虫をよぶまでもなく既にかなりの数が入り込んでると思うけれど・・・ ホテル全体像。 看板(hotel for bugs)の後ろは葉っぱのベ…

子供の夢

昼食時、子供たちが話してるのを聞いていたときのこと。 長女:「〜ちゃん、大きくなったら何になる?」 次女:「あのねぇ、ごはんやさん」 長女:「〜はね、どうぶつのおいしゃさん」 次女:「おもちゃをなおす人!」 長女:「あ!サンタクロースのお手伝い…

その名もSushi cupcake

ありえないレシピ本発見。 その名もsushi cupcake。やけに幅広の海苔の黒い部分はチョコレート生地のようです。 このカップケーキそのものも論外だけど、いちごをかぶったキティちゃんを箸でつまむという演出も理解に苦しむ。 むしろcuisine Kawai(かわいい…

「はらぺこあおむし」にはそもそも腹痛の場面は想定されていなかった件

日本でもおなじみの絵本「はらぺこあおむし」の作者のインタビューがフランスの雑誌に掲載されたという記事を発見したので読んでみたらすごくおもしろかった。 原文はこちら(英語)。この記事を書いたときに読んでいた記事が削除されてしまったようです。な…

fontainebleauの森にも春がきた

今日はイースターマンデーということで、学校はお休み。なぜイースターの翌日の月曜が休日になるのかは不明ですが、なにはともあれお天気もよかったので公園へ。 日差しはまぶしいものの、風はまだ冷たかったです。 だけど、だんだん森の草の緑が濃くなって…

子守り歌の記憶:「ね〜ん、ね〜ん、ね〜ん、って声が聞こえるの」

怖い夢を見て目がさめたという長女が朝の4時過ぎに起きて言ったこと。 「怖い夢をね、頭から出したいのに、出そうとしても出ないの。」 それで少し話をして、もう少し寝るように言われた長女の次の一言で今度は私の目がさめました。 「寝ようとするとね、ね…

トウモロコシの粉からできた工作スポンジが楽しかった件

先日、友人の子を数時間預かることになり、家の中でかくれんぼされるのを防ぐために何か新しいおもちゃを購入しとこうと考え近所の店を物色しました(彼は手強いのです。暇させたら家が大変なことになります。)。 すると、楽しそうなもの発見。 トウモロコ…

人々が心に秘める、とっておきの物語を世界と共有できるアプリがすごい

最近、自分の物語を人々と共有することを目的としたサイトをちょこちょこ見掛ける。 STORYS.JP(ストーリーズ)storys.jp Narratively | Human stories, boldly told.narrative.ly 要は、有名人でなくても作家でなくても、みんなそれぞれの人生の中にそれぞ…

子供の絵を褒めるときの余計な一言

娘(4歳):「ママ、見て〜!これ描いたの。すごいでしょ。」 私:「・・・うわ〜!すごいじゃん。で、これなに?」 お気づきでしょうか。この矛盾を含んだコメントに。 上手だって言ってんのに何の絵なのかわからないってのはおかしいのです。いつもわかっ…

ネット上の発言へのコメントで傷ついたことのある人へ〜こういうコメントはクソ、というコメントの特徴を挙げてみた〜

ネット上の発言に対して返ってくるこういうコメントはスルーしてかまわない(傷つく必要ゼロ)、だってそれはクソだから。というコメントの特徴いくつかを挙げてみました。 ①相手の名前をきちんと呼ばないもの。 例(呼び捨て、バカ呼ばわり、おまえ、貴様。…

「バベルの塔」はいくらでもあるというダブルスタンダードについて

この記事を読んで思うところがあったので一言。 原発事故は「バベルの塔」 ローマ法王が警鐘 先日、ローマを訪れたときに法王の写真やらマグネットやらがジャニーズの商品ばりにお土産屋さんに並んでいるのを見て驚愕した。 法王の人柄と、信念を貫く行動及…

子供がくれるものには

学校からの帰り道、「あ!!桜!!」 4歳になる下の娘が桜の花のついた小枝を拾った。 誰かが手折ったあとに捨てたものだろう。 とんでって拾い上げる。 「きれ〜・・・」 しばらく嬉しそうに眺めたあとはお決まりの台詞。 「ママのためだよ」 と言って渡し…

3分で子供に日食を説明してみた

明日はここフランスでも日食が見られるとのこと。 長女の学校ではクラスに一つ専用眼鏡があるらしいけど、大半の時間はネットで生中継される日食をみんなで観察するらしい。次女の学校は、子供たちが太陽を直接見てしまって目を痛めることを危惧して午前中の…

羊の群れを率いていたのは羊だった件

羊は温厚かつ従順な性格の代名詞のような動物で、羊の群れの中にヤギを一匹いれておくと好奇心が強く羊よりも活発なヤギが群れのリーダーになるという話を聞いたことがある。牧羊犬という犬もいるくらいだし、ヤギにだって普通についてくんだろう。 このとき…

イタリアでスーツケース諸々盗難にあって考えたこと。

先日、イタリア旅行に行ってきました。ミラノ、フィレンツェ、ローマを1週間ばかりかけてめぐる楽しい旅になる予定でした。ところが、三日目の朝、ほんの2〜30分車を離れたそのすきにカーナビ、スーツケース、PC、iPadと、すべて盗まれてしまいました。…

今年は

今年は「読書の年」にしようと思い、ジャンルを月ごとに決めて読むことにしました。 今月はなんとなく歴史月間ということで今は池上彰さんの本をいくつか読んでます。 本、すごいタイトルだなって思ったけど、まさにこのままの台詞を何度つぶやいたことか・…

私が一番最初に出会ったムスリムの女性について

妊娠中、ボランティアでバングラディシュ出身の女性の日本語学習を手伝っていたことがある。彼女のご主人もまたバングラディシュの方で、日本の大学の研究室で勉強されていた。そして4歳になるお子さんは日本の保育園に通っていた。彼女自身は英語が堪能だ…

2014年の年末に覚えた新しい言葉と2015年の抱負について

去年使ってたメモ帳を読み返してたら、ボランティアで勉強見てた小学生の算数の試験に「この数が3倍、6倍、9倍になると、次の数はどうなりますか」って設問があって、その子が「おおきくなる」って書いたらバツされたって内容が書いてあった。そういえば…

運送会社UPSのドライバーと少年の心温まる動画を見て思い出した絵本がある

少し前のことだけどこんなニュースを読んだ。 「配達員さん大好き」な4才の少年 → 配達ルートが変更され配達員さんと会えなくなる → 2人の友情のために配送会社が少年に素敵なプレゼント! | ロケットニュース24 英語版はこちら <a href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/" data-mce-href="http://www.goodnewsnetwork.org/boy-who-loves-ups-gets-brown-truck-to-drive/">Company …</a>

「大丈夫ですか」って言われて「大丈夫じゃないです」って答えられる人はどれくらいいるのか

自慢じゃないけど、私は今までに何度も足をぐねったことがある。そして先週、またやってしまった。 中学生のときに部活をさぼってそそくさと家路に向かう途中、道路で急に出てきた車をよけようとして足をぐねったことが最初だった。はずみで転倒し、近所のパ…